朝からスコーン

考えたこと。やってみたこと。やってみたいこと。

原動力、「好き」

投資大好きの旦那 

元金融業界人の旦那が投資やら株やらの話が大好きで、銀行も辞めたのでめでたく夫婦の資産を運用してくれている。

 

○○の株価が〜〜とか、○○は今後成長するぞ〜〜という話を本当に楽しそうにしてくれるんだけれども、私は「へえ〜、面白そうやね」としか言えず現状そこまで興味は持てない。

 

「お金を増やしたい」というインセンティブはそれなりにあるのだろうけど、それ以上にとにかく投資とか運用とかが好きみたいだ。一種のゲームのような。色々と研究…というか好きで調べているようで、よくそんなことまで知ってるね〜〜という話をたまにしてくれる。

 

楽しくて、研究しがいがあって、お金も(基本的には)増えて。いやはや、旦那はなんともいい趣味を持ったものである。「好き」の力は素晴らしい。

 

 

 

好奇心のかたまり、自分

かくいうわたしは、「レベル上げ」が好きだ。レベル上げとはすなわち、ドラクエをはじめとするRPGの定番作業。敵を倒して倒して倒して倒してレベルを上げれば新しいダンジョンをクリアできるようになる、あれ。

 

保険営業のプロとして食っている父の影響もあってか、「会社に依存せず自分の腕で食っていけるようになりたい」「何かしらのスペシャリストになりたい」という強い願望が自分の軸にはある。

 

ド下手なプレゼンを聞いてはひたすらこっそり改善できる点をメモし、車内広告を見ては「これはどういうターゲットに何を伝えたいんだろうか」と考え、面白そうな本を読んでは内容を実践し、新たな技術を学んではQiitaで記事を書く……

 

すべては「レベル上げ」の一環である。

 

去年のわたしが目指していたスペシャリストは通訳。これからのわたしが目指すスペシャリストはエンジニア。

 

前職が技術系の研究室秘書だったことからテクノロジー全般に興味を持ち、「通訳って将来なくなるんじゃないか?」と危機感を抱き、転じて自らICT業界に飛び込むことに決めた。

 

エンジニアってまさにスペシャリストど直球の仕事で、勉強勉強、一生勉強。そして自分のスキルで食っていく。TECH::EXPERTのカリキュラムに加えて色々と自習しているんだけども、勉強することがいくらでもあって、本当に楽しい!本を読んで手を動かせば、小さな一歩だけど着実に「スキルレベル」が上がる。

 

これをこれからずっと繰り返していけば、どれだけたくさんのことができるようになるんだろう!それを仕事にできるなんて、こんなに素晴らしいことはないよね。我ながら、いい仕事を見つけたものだ。

 

 

原動力、「好き」

なにかを好きって、例えば本を読むのが好きなら、いつでも本を読みたくて読みたくてたまらない、というかむしろそんなことを考える前に自然と本を読んでいる、そんな状態だと思う。

 

それを仕事にできたら、こんなに素晴らしいことはないよね。とはいえ、実際に仕事を始めたら色々とあるんだろうけどさ、この素晴らしい原動力、「好き」は失わないでいたいよね〜。

 

ブログは1記事1テーマ

気づき。

 

ブログは1記事1テーマに絞れば、もっと気軽に書けるんじゃなかろうか?

 

 

記事化率0.5%

こう、普通に元気に毎日を過ごしていると、1日あたり最低でも10個くらいはブログに書きたいな〜〜というアイデアが浮かんでくる。

 

例えば今日なら、コミュニケーションについて、デザインについて、これまでのプログラミング学習について、TECH::EXPERTの10週間について、自己分析って思いの外大事だったんだなーとか、あとは自分が行きたい会社、やりたい仕事について、自動運転について。

 

電車に乗ってるときなり、勉強しているときなり、歩いているときなり、とにかく常時脳みそはネタ探しにフル回転。

 

でも振り返って見れば7月に入ってから1記事しか書いてない!もう20日経ちそうなのに!

 

頭の中でいくらネタを練っても、結局アウトプット率は1%にも満たない。悲しい。

 

 

 

やっぱり書きたい

1年以上もブログを続けてるのは、何にもましてやっぱり書くことが好きだから。頭の中でもや〜んとしていたものを文字に落とし込んで整理していく過程、至福。

 

するとここで考えるべきは、どうすれば記事化率を高められるか。そこで思い至ったのが「1記事1テーマ」。

 

 

 

1記事1テーマなら書けるか?

記事を書き始めたときの常として、書きたいことがありすぎて、というより思考の方向性がまとまっていなさすぎてとっちらかった文章になった挙句、収拾がつかなくなって一旦下書き保存に逃げる、無事お蔵入り、という流れ。

 

これを解決すべく、すなわち方向性を定めて最後まで記事を一気に書ききるためにできることは、1記事のテーマを1つに絞ることではないか、と思った次第。

 

というわけで、就寝前の10分で書いたこの文章。今回のテーマは「ブログは1記事1テーマに絞れば書きやすくなるのではないか?」というものでした。これで明日からの思考の記事化率が上がることを祈って。

 

 

 

スコットランド独立とゴミ箱のふた

面白いタイミングで、面白いところに留学したもんだなと思う。

 

2013年、大学4回生の春。私はスコットランドの首都、エジンバラへ、英語を学ぶべく語学留学していた。

 

 

もはや別の国。スコットランドvsイングランド

スコットランドに留学してた」と言っても、なかなかぱっとわかってもらえることは少ない。「スコットランドって、イギリスの北半分ね」という説明は必須である。

 

こちらの図がわかりやすい。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/pr/wakaru/topics/vol120/img/120-Chart-1.jpg

引用元:外務省HP

 

日本にいるとなかなか理解しがたい感覚なんだけども、イングランドスコットランドは同じ国であって同じ国ではない。彼らは絶対に"I'm from England."とか"I'm Scottish"と自己紹介する。"I'm British."なんて言わない。Never.

 

4歳から8歳までロンドンに住んでいたうちの旦那も、「当時はスコットランドって外国だと思ってた」と言っていた。イギリスの子供達は本当に別の国だと思っているらしい笑

 

そうした意識だけじゃなくて、制度もまるっきり違う。例えばスコットランドは大学は学部4年制だけどイングランドは3年制。お札のデザインも違う(ロンドンでスコットランドのお札を使ったらびっくりされた)。Bank of Englandがあるのと同様に、Bank of Scotlandがある。NHSという国民保健サービスも、イングランドスコットランドで別々にある。

 

つまり、「どこ留学してたの?」と聞かれた時に「イギリス」ではなく「スコットランド」と答えればあなたも立派なスコットランドかぶれなわけだ。

 

 

スコットランド独立騒動

で、そんなスコットランド、実は2014年にイギリスからの独立を巡って(スコットランド人の)国民投票が行われた。2016年のEU離脱投票の騒ぎに全部持って行かれた感があるけれども、前哨戦みたいなものがその2年前に行われていたのだ。

 

結局反対票が55%で独立には至らなかったんだけども、直前まで世論調査が拮抗していて、結構スリルのある投票だった(そう、このころはまだ世論調査結果が信用できたのだ)。

 

私が留学していたのは2013年だったから、ちょうど投票の1年前だった。日本じゃまだそんなに話題になってなかったけど、当事者であるスコットランドは結構そわそわしていた。

 

そんな背景があって、語学学校の授業の一環で街頭インタビューをすることになった。(余談だが語学学校のカリキュラムというのは大変いい加減で、クオリティは完全に先生依存だし、やることも先生の気分で決まる。)2人でペアを組んで、街ゆく人々へ以下の質問をする、というものだ。

 

 

ゲール語というのは、スコットランド古来の言葉、らしい。今は話者は6万人しかいないそうだ。スコットランドの田舎の方に行くと標識が英語とゲール語併記だったりする。スコットランド固有の文化についてどう思うか?ということでこの質問が設定されていた。

 

で、この街頭インタビュー、迷惑そうな人ももちろんいたけど、意外とみんな答えてくれた。「賛成?反対?」と尋ねたらそれぞれ「私は賛成よ。なぜかというと…」とはっきり答えられるあたりは欧米らしいなと感じた。

 

結果は、賛成20%、反対80%とかだった気がする。首都エジンバラということもあって生活にそれほど困っていない人たちだったから、現状維持派が強くなるのは至極当然。というかそのころは国民投票なんてあくまでパフォーマンスで、いやいやまさかそれで国が大きく変わったりなんかしないっしょという程度の認識だった(少なくとも私は)。

 

 

スコットランドの自然を破壊するアメリカの大富豪

授業では、そのほかにもスコットランドについてたくさん学ばせてもらった。この点、イングランドではなくてあまり馴染みのないスコットランドに留学してよかったなと思う。

 

中でも一つ印象的だったビデオがある。今では目にしない日の無いこの金髪、私が初めてこの人の存在を知ったのは語学学校の授業でだった。

 

www.youtube.com

 

ドナルド・トランプというアメリカの不動産王が、スコットランドの自然溢れる地域を買い取ってゴルフ場にしてしまった。そういうドキュメンタリーだった。

これはトランプ氏を批判するトーンで撮られていて、立ち退き要求に抵抗する人や、逆にゴルフ場オープンイベントでプレイして批判されるスコットランド人ゴルファーなどが出ていた。

 

このビデオを紹介してくれた語学学校の先生は生粋のスコットランド人。とりあえずトランプ氏のことが全く好きじゃない、ということはよくわかった笑 英語圏では結構有名人らしい、ということも。

 

そして、トランプ氏の髪の毛というのは鉄板ネタらしい。先生は両手をパカパカしながら「この髪型本当に"bin lid"みたいよね!」と言っていた。bin lid とはゴミ箱のふただ。上部の髪の毛がパカパカするのがbin lidみたいということらしい。おかげで、bin = ゴミ箱、lid = ふたという便利な単語を一発で記憶することができた笑

 

これは2016年の動画。相変わらず髪型は鉄板ネタ。

www.youtube.com

 

 

以上のとおり、留学は語学以外にも非常に学びの多い(?)経験だった。最後に、スコットランドの美しさをアピールして終わりとしたい。

 

 

スコットランド写真集

ハイランド地方。自然豊か。このどこか荒涼とした感じがスコットランド

https://assets.bwbx.io/images/users/iqjWHBFdfxIU/iOWtbr8GWyoc/v1/-1x-1.jpg

引用元:Scottish Highlands Travel Guide: Why You Need to Go Now in 18 Photos - Bloomberg

 

お城。余談だが、京大オケ191期のポスターはこのお城をモデルにしていた。中プロがスコットランド幻想曲だったからね。

https://www.visitscotland.com/cms-images/about/eilean-donan-castle-sunset-blue-pink?view=Standard

引用元:Scottish Castles & Stately Homes | VisitScotland

 

 

Isle of Skye、スカイ島。これは自分で撮った写真。今までいろんなところに行ったけれど、ここは間違いなくTOP3に入る美しさ。

f:id:ayacai115:20170701084535p:plain

 

 

ホグワーツ特急!

https://cimg.visitscotland.com/cms-images/travel/jacobite-steam-train-glenfinnan?size=sm

引用元:Getting Around Scotland By Train | VisitScotland

 

 

ホグワーツの湖として映画に出てた、ハイランドの湖。ここにも行った。テンションだだ上がり。

http://www.thehebrideanexplorer.com/images/itinerary/glenfinnan-monument.jpg

引用元:Harry Potter in the Scottish Highlands, Scotland | Blog Post

 

 

首都エジンバラ。ほんとにこんなの。綺麗。

https://cdn.getyourguide.com/img/location_img-44-698940471-148.jpg

引用元:

Things to do in Edinburgh Scotland: Tours & Sightseeing | GetYourGuide

 

同じくエジンバラ。Royal Mileというメインストリート。

http://static.thousandwonders.net/Royal.Mile.original.9732.jpg

引用元:Royal Mile - Road in Edinburgh - Thousand Wonders

 

 

このほかにもたーーーくさん綺麗な場所がある。スコットランド最高〜〜

【体験レポ】TECH::EXPERT(テックエキスパート)6週目終わり。就活開始!

TECH::EXPERT(テックエキスパート)生活、6週目が終わりました。

求人も紹介されて、いよいよ就活開始です!

 

※TECH::EXPERT関連の記事はこれで3つ目。

これまでの記事はこちら。

 

ayacai115.hatenablog.com

ayacai115.hatenablog.com

 

 

TECH::EXPERTの就活サポート

ざっくりこんな感じ。

  • キャリアアドバイザーがつく
  • 履歴書・職務経歴書作成サポート
  • グループ面談(週1回。固定の3,4人で自己分析)
  • 就職面談(週1回。キャリアアドバイザーと1対1)
  • 求人紹介
  • 企業とのやりとり仲介
  • 就職セミナー(同期全員一緒に。キャリアアドバイザーが面接のコツとか説明)
  • 企業説明会(まだ。5月開始の私は7月かららしい)

 

TECH::EXPERTへは「転職するぞー!」というよりは「勉強するぞー!」という気持ちできたのですが、考えてみたら転職成功こそがメインのゴールですよね、このプログラム。

 

というわけで就職サポートは思いの外しっかりしています。

12期の短期集中は20人らしいのですが、それが6グループに分けられ、2週目?からグループごとに毎週自己分析セミナーがあります。

そいで、カリキュラムがある程度進んだらグループじゃなく個別面談(就職面談)になり、希望の業界のヒヤリング、自己分析練習、求人紹介、という流れです。

 

だいたい最初の書類提出から1ヶ月?くらいで決まるらしい。。

決まって欲しいね〜〜〜

 

 

 

「TECH::EXPERT卒業生」のブランド価値やいかに?

「ただの無名未経験」

「TECH::EXPERT卒業生」

の差は実際のところどれほどなんでしょうね?

 

まだ一度も面接に行っていないので実際の感触はわからないのですが、とりあえず面接官の方全員が「TECH::EXPERT卒業生」という認識を持っているわけではないとのこと。

基本的に人事の方は認識されていますが、実際に面接をされる現場の方などには、改めて「TECH::EXPERTはこういうところで、なにをどれくらい勉強して、今私は○○ができます。」と伝える必要があることも多いそうです。

 

それもふまえて自己紹介準備中。。。

 

 

 

狙ってる求人

今狙っている求人。

フルスタックエンジニアを目指すべく、まずはフロントエンドエンジニアになりたいと考えています。

ネットでリサーチしても、給料が概してサーバーサイド>フロントエンド……ってことはサーバーサイドの方がハードル高いんだろうなと。まずはフロントエンドで入れさせてもらって、経験積みつつ勉強しつつ、サーバーサイドもできるようになっていきたいなあ、というのが今の考え。

 

エンジニアという仕事のいいところは、勉強しようと思ったらいくらでも教材が転がっている点ですよね。本、サイト、オンライン講座…

これからも精進します!!

 

 

またちょくちょくレポします〜〜〜

 

 

 

 

もう一度、これまでの記事。

ayacai115.hatenablog.com

ayacai115.hatenablog.com

 

 

【体験レポ】TECH::EXPERT(テックエキスパート)に参加して4週間経ちました

以前こちらの記事で書いたとおり、5月13日からTECH::EXPERT(テックエキスパート)というエンジニア養成短期集中コースに通っています。

 

興味のある方は少なくないと思うので、実際に受講してみてどうなのか、をレポートしてみます。

結論を先に言っておくと、TECH::EXPERTは大正解だったし、「未経験ではなく最低限のスキルは持って就職したい」「極力早く(半年とかじゃなく数ヶ月)確実に就職したい」「朝から晩まで短期でガッと集中して学びたい」という私にとっては、知る限りのプログラミングスクールの中では唯一の正解でした。

 

 

□ 良いところ

■ カリキュラムがある

そらスクールなんだからカリキュラムがあって当たり前なんですが、「いつまでになにをしたらどうなれるか(どう就職できるのか)」がわかるってめちゃくちゃありがたいことです。

独学の辛いところは、誰にも訊けないというのもそうですが、道筋もゴールも見えない、という点にこそ尽きるんじゃないでしょうか。

私も数ヶ月かるーく独学をしていたんですが、そもそもなにを勉強したらいいのかわからない。なにをどれくらい勉強したらどういった道が開けるのかわからないし、それを勉強するためにはどういった環境構築が必要なのかもわからない。

知っている人からすれば「ggrks」でしかない常識でも、完全初心者の五里霧中状態からのスタートって、相当に大変です。

その点、TECH::EXPERTは「10週間」「このカリキュラムをこなせば」「エンジニアとして就職できる」というのがはっきりしているのがありがたいです。

 

 

■ 学習環境が良い

きれいです笑

昨日から新しい教室に移転しました。

tech-camp.in

自習室、というよりは一日中カフェで勉強できる、という感覚です。メンターさんに質問する声や雑談などもちょくちょく聞こえますが、基本的には静かめです。

以前の教室ではBGMが流れていましたが、新教室はBGMなし。自分で音楽聴きたい人はそれぞれで聴いています。 

 

■ メンターに訊ける

公式が売りにしているポイントの一つですが、メンターに質問ができます。

もちろん、エンジニアとしての基礎力をつけるため、極力自分で解決するようにはしていますが、どうしてもわからない最後の壁はメンターに訊くことで乗り越えることができます。

独学経験者の方はよくわかると思いますが、つまづきポイントって無限にありますよね。環境構築がわからない、一見正しいのになぜ動かないのかわからない…そういう、知っていればどうってことのない問題をメンターと共に解決できるのは非常にありがたいです。

かといっていくらでも訊いてね!というわけではなく、「どういう風に調べましたか?」「今までどういうことを試してみましたか?」と、オープンクエスチョンを投げるのではなく試行錯誤した上での質問を求められます。エンジニアとしての基礎力をつけるのが目的ですから、これは当然のことだと思いますが。。

 

■ 就職できる

ゴールは明確で、「エンジニアとして就職すること」です。

f:id:ayacai115:20170611103938p:plain

公式によれば、転職成功率96.3%。

今でちょうどEXPERTコース開設から1年ですが、計40数名が就職できているそうです。

キャリアアドバイザーがついて、就職セミナーや個別面談もあります。カリキュラムがある程度終われば個別面談開始、求人紹介。

 

私はカリキュラムの進捗が速めなので、5週目から個別面談が始まります。標準の目安だと、だいたい6,7週目から個別面談・求人紹介が始まるみたい。

 

会社としても受講生を無事転職させるのがゴールですから、就職系のサポートは思いの外しっかりしています。履歴書・職務経歴書は2,3週目あたりにアドバイザーと相談しながら作成済み。

 

 

 

□ 気をつけるべきところ

と、ここまで良いことばかり書いてきましたが、気をつけるべき点も書いておきます。

 

■ 受け身な人はやめておくべき

「TECH::EXPERTに行きさえすればエンジニアになれる!やった〜」という受け身な人はやめておいた方がいいと思います。

カリキュラムをこなすのは、正直けっこうしんどいです。丁寧に作られているとはいえ、特に応用カリキュラム(EXPERT専用カリキュラム)に入ってからはほぼノーヒントでいきなり実装開始、なんてことはままあります。

応用カリキュラムはアプリをゼロから完成まで作っていくのですが、3日悩んでようやくコード1行、なんてこともありました。

メンターも「答えではなくヒントを与える」という方針なので、朝から晩まで一人でうなりっぱなしの日々はけっこう大変です。しかし、エンジニアってたぶんそういうものだと思いますし、これを乗り越えずしてなにが即戦力エンジニアやねん!って感じですね。

なので、結局、努力するのは自分です。「エンジニアにならせてもらえる」という受け身な人はやめておいた方がいいです。(実際、進捗が追いつかず途中で退会される方もいるみたいです。)

 

 

 

□ 以上、4週間通って思ったことでした

レポート記事って、どこまで書いていいのかわからず難しいですね…

とりあえず、今のところはこんな感じです。

来週から就職サポートが本格的に始まるので、またちょくちょく書いていきます。

超初心者向けIoTワークショップに参加して、SONYのMESHタグで遊びました。

IoT、IoTって毎日聞かない日は無いくらい流行りの単語。

で、実際どういうもんなの?ってのを体験するべく、初心者向けIoTワークショップに参加してきました!

 

eventdots.jp

 

ワークショップということで、前半はIoTってなに?という話やルンバでセンサーがどのように使われているか、という話を聞きました。んで後半は、SONYのMESHタグというもので実際に遊んでみました!

 

 

IoTのメリット

 そもそもIoT、すなわちInternet of Thingsのメリットは何か?

今までオフラインだったものがネットワークに繋がることで今まで提供できなかった価値を生み出す仕組み

というのが、昨日のセミナーでの定義でした。 

 

例えば、スマートロックという仕組みを使うと、リアルの鍵が不要になり、ネット上で鍵を管理・使用できるようになります。

そこで考えられるメリットは…

  • 引越しごとの鍵の取り替え費用が不要になる
  • 鍵を失くすリスクがゼロに
  • 不動産屋さん内見時の手間が省ける
  • 共働きの場合、子供の帰宅を確認できる
  • 高齢者一人暮らしの場合、深夜徘徊などを感知・予防できる

 といったものがあります。

実物が不要になるのに加えて、鍵開閉時のデータを収集することで新たな価値が提供できます。

 

IoTの3つの要素

具体的には3つの要素があるそうです。

1. インプット(センサー)

データを収集して、クラウドにアップロードする。

2.プロセス(クラウド)

 集めたデータをもとに、分析、加工する

3.アウトプット(フィードバック)

 ユーザーやモノへデータを返す

 

 

アナログとデジタル

センサーを利用してデータを集めるわけですが、データには大きく分けて2種類があるそう。

アナログデータ

 連続した数値で情報を表現する値

例:温度、距離、赤外線、加速度、音

 

デジタルデータ

0か1かの信号で情報を表現する値

例:人間感知、傾き、磁気、接触

 

 

 

SONYのMESHタグ

そして昨日のメインはSONYのMESHタグを実際に使ってみるワークショップ!

meshprj.com

3cmくらいのカラフルなタグが、それぞれ「人間を感知する」「温度湿度を感知する」「動きを感知する」といったセンサー機能や「LED発光する」といったアウトプット機能を持っていて、それをスマホアプリで操作します。

www.youtube.com

 

まず見た目が可愛い!昨日は6個のタグを使ったのですが、オレンジや緑、青のタグが並んでいるだけでワクワクします!

 

昨日は課題を与えられて、それをどう解決するか、ということを2人1組で考えました。

 

課題1:オフィスの中で寒い人と暑い人がいる

温度センサータグをオフィス内にいくつか設置して、どれかが20度を切ったら別のLEDタグが光って「寒いよ!」って知らせる。

というプログラムを組んでみました。

 

で、これが面白いのですが、温度に関係するからといって必ずしも温度センサータグでなくてもいいわけです。

例えば、寒いとトイレに立つ回数が増えるだろうから、動きセンサーや人間感知センサーで寒い人を感知したり、ボタンを使ってみたり。

プログラミング不要、直感的に操作できるおかげで、童心に返って遊ぶことができました。

 

課題2:会議が長引きがち

人間感知センサーで入室を感知、かつボタンが押されたら30分後にスマホから蛍の光が流れる、というプログラムを組みました。

「チーン!」というベルの音以外にも、音楽や録音を流せるというのはかなり想像の幅が広がります。

 

 

IoT楽しい

楽しかった!!IoTのほんとにさわりのさわりを撫でただけですが、とても楽しかったです。物事を新しい方法でつなげて、今までにはなかった価値を提供する、という遊びは、好奇心を大変刺激してくれます。

今までは新聞で「IoTね…ふーん」と眺めるだけでしたが、これからは「これとこれをこうつなげたらこんなことができるんじゃないか?」って考えながら生きていくことになりそうです笑

そしてシンプルなインターフェースの裏では膨大なプログラムが動いているわけで…むむむ、そうした裏側の人間にもなれるように、勉強がんばります!

観察日記 '17 6/4

おはようございます!

最近我が家の観葉植物、モンちゃんとパキーンがモリモリきているので、ひさびさに観察日記を書いてみようと思います。

 

 

前回の観察日記は、去年の8月。なんとリオオリンピック中です!笑

ayacai115.hatenablog.com

 

 

 今週のおふたり。モンちゃん(左)は安定。パキーン(右)は葉がめっちゃ枯れ落ちてしまいました。以前の写真と比較してみましょう。

f:id:ayacai115:20160819071431j:image

 

これは3週間前の写真かな?この写真と比べると、下半分の葉がごっそりなくなってしまったのがよくわかります。ぴえーーかなしい……

f:id:ayacai115:20160729075056j:plain

 

3月に100均で買った時は2本とも4cmくらいの双葉しかありませんでしたから、そこから思えばたった5ヶ月で本当に大きくなったものです…しみじみ。

 

さてさて、では10ヶ月後の現在、モンちゃんとパキーンはどうなっているのでしょうか!?

 

 

 

 

………

 

 

こーーーんなに大きくなりました!!!!

 

モンちゃーーーん

f:id:ayacai115:20170604101531j:plain

 

パキーーーーーーーーんんんんんん

f:id:ayacai115:20170604101657j:plain

 

 

モンちゃんはついに葉が割れました!!!!やったーーーーー!!!!!!

 

 

これまでの葉

f:id:ayacai115:20170604101655j:plain

 

割れた葉

f:id:ayacai115:20170604101650j:plain

 

かっこいいい!!素敵!!!!オトナ!!!!

 

ちなみに、もっと大きくなるとこんな風にバカスカ割れます。

http://birthday-complete.com/wp-content/uploads/2016/02/img_3-e1454723631585.jpg

出典: http://birthday-complete.com

 

 

茎の分岐も惚れ惚れとする力強さです。

 

 

前から見た図

f:id:ayacai115:20170604101647j:plain

 

後ろから見た図

f:id:ayacai115:20170604101643j:plain

右下に支柱のような根っこが見えますよね?これも最初は茎1本で支えていたのが、どんどん上が重たくなってきたので茎から根っこが生えてきたんです!植物ってすごい〜〜〜

 

モンちゃんは茎の脇に新しい茎ができて、それが成長してまたそこから新しい茎が出てきて…という育ち方をします。

もう一度前から見てみましょう。

分岐分岐分岐……なのがわかりますよね。

そして古くなった一番下の茎は徐々に枯れて小さくなっていきます。

f:id:ayacai115:20170604101647j:plain

 

 

 

さて、パキーンも本当に大きくなりました!

f:id:ayacai115:20170604101657j:plain

 

茎がところどころ茶色くなっていますよね?

これはかつて葉っぱ用の茎が生えてきていたところです。

伸びるにしたがって、下の方の茎は落ちていきます。にしても、ちょっと落ちすぎかな……涙

まあ、冬寒かったからね。。。

引越しのゴタゴタで2回ほど新しい葉の芽を落としたりしてしまったんですが、なんとかここまで復活してきてくれました。

 

全力でピンボケてますが、次の葉っぱも続々きています!わーい

(真ん中でニョキってなってる小さいやつ)

f:id:ayacai115:20170604101700j:plain

 

最近暑いのでちょっとカラカラ気味ですが、葉も立派!

f:id:ayacai115:20170604101711j:plain

 

モンちゃんとパキーンって葉の生え方も育つタイミングも全然違うので、見ていてとても楽しいです。やっぱり一番嬉しいのは新しい葉が出てくる時ですね…!

またそのうち、モンちゃんのくるくるになって出てくる新しい葉や、パキーンの瑞々しい葉っぱを紹介します!!

 

これからもどうぞよろしく〜〜〜